メンズの財布は大きさをチェックしよう

これからメンズの財布を購入しようと思っている人は、何を基準に選ぶでしょうか。好きなブランドで選ぶのか、素材で選ぶのか、収容力で選ぶのか、デザインで選ぶのか。人それぞれ選ぶ目線というのは違います。また、財布をどんな風に持ち歩くことが多いのか、というのでも選ぶべきものが変わってきます。一度買うとしばらく使うことになるので、選ぶ時は、じっくりと比較検討したいものです。気に入ったメンズの財布を見つけて、長く愛用していくには、手入れのしやすさも考慮しなければならないでしょう。メンズの財布といっても、大まかに分けて、札入れと小銭入れがあり、両方が一体化したものもあります。様々なメンズの財布の種類や特徴などを知って、新しい財布を選ぶ時の指針にして下さい。

圧倒的な人気を誇るメンズの長財布

ビジネスマンがよく持っている財布といって思い浮かぶのが、長財布です。財布の上にかぶせる蓋がついたものは、作りが薄く出来ているため、スーツのポケットなどにもスマートに収容できるのがメリットです。男女ともに人気があるのが、3方にぐるりとファスナーの付いたタイプです。これは、カード類を沢山入れられますし、ポケットもたくさん付いているので、レシートなどをお札とは分けてしまうこともできます。ファスナーを開くと大きく中が開く仕組みになっているので、小銭も探しやすい作りになっています。ただし、収容力がある分、大きくなってしまうので、スーツの内ポケットにしまうことは難しいです。別の小さいかばんなりに入れて持ち運ぶことになります。財布が大きい分、置き場所が決まりやすく、なくしにくいというメリットもあります。

コンパクトにしまえるのが魅力の2つ折り、3つ折り財布

長財布よりもコンパクトな大きさになるのが魅力なのは、2つ折り、3つ折りタイプです。2つ折りなら、ズボンのお尻のポケットにもすっぽり収まるので、持ち運びの不便さはありません。また、手に持った時にすっぽりと収まるのでフィット感が良いです。3つ折りタイプは、2つ折りよりもカード類がたくさん入れられるメリットがあります。2つ折りほどメジャーではありませんが、外国のハイブランドや国産ブランドでもこのタイプのものが出ていますので、気に入ると、使い続けたくなる使いやすさと大きさを兼ね備えていると言えます。2つ折り、3つ折り財布のデメリットは、お札が折れてしまう点です。新札を持ち歩きたいというタイプの人なら、長財布の方がおすすめです。また、2つ折り、3つ折りはポケットに入れやすい反面、劣化しやすいという点もあります。